くるろぐ。if よひら

朽ちた神社に転がる狐面。

黒い着物を纏うように紫陽花が枝を伸ばしていた。

その茂みの中、微かに動くものがある。

元々人だったそれは、幸せそうに微笑んで、完全に動かなくなった。

彼は今もそこで生きている。