プラ板遊び

f:id:LinYuushi:20170310214346j:plain

f:id:LinYuushi:20170310214348j:plain

f:id:LinYuushi:20170310214350j:plain

f:id:LinYuushi:20170310214352j:plain

1、下絵を描きます

プラ板を重ねてマスキングテープで固定

2、油性ペンで線をなぞります

3、今回使っているのはフロストタイプなので色鉛筆で着色します

4、焼いてマニキュアで着色、ラメ塗り、トップコートで仕上げます。

5、ストラップ、キーホルダーのパーツを付けて完成!

まだまだ拙いですが

作曲もしてたり……

てすてす……ってめっちゃ音小ぇ!! https://t.co/29lih6UBxF

てすてすその2。3DS最大音量 https://t.co/eqjTRD4Qt2

てすてすその3。1と2の間くらいの音量にしてみた。やっぱり最大音量の方が聞きやすい、かな。 https://t.co/1P3NSsBAwP

【メモ】アペリの鍵

アペリは人間。学んで魔術師になった。

師匠のところに来るまでは普通の、歌が好きな子。カミサマを慕っていた子。

カミサマの加護。いつでも傍にいられるようおまじないがかけられた神殿の鍵。おまじないをかけたのは人間。それがなくてもカミサマはいつでも歌姫を見付けられる。でもあったらあったで便利らしい。

師匠のところに来てから鍵のおまじない上書き。感知されないように、災いから守ってくれるように。

ラジストの故郷の村について

『赤湖』とは世界軸も時間軸も違うけど大元を突き詰めると同じ場所にたどり着く『エテレインの物語(作品名未定)』。

赤湖世界ではこちらでいう『桃太郎』や『かぐや姫』などのような子供に語り聞かせる物語として残っている。いわゆる御伽噺。けれども世界の大元が同じだった名残はあるし、《勇者エテレイン》と共に旅をした仲間の一族が住んでいたという村もある。

手先が器用で聡明な彼らは脈々と世間には知られていない本当の物語を継いできた。一般的に語られる物語と共に、《勇者》の仲間が伝えた物語も子供たちに教えてきた。

しかしそれは時の権力者によって絶たれてしまった。

物語が記された書物は村ごと焼き払われ、彼らの高度な技術の結晶は奪われ、僅かに生き延びた一族は散り散りになってしまった。

そのうちの一人がラジスト。王都で古書店を営む彼である。

………というのを思い付いてしっくりきたからメモ。『赤湖』本編には全く関係ない設定。

カラオケ(2h)

焔(SoundHorizon)

朝と夜の物語

花丸日和(刀剣乱舞-花丸-)

明け暮れ日記

暁の星

出る月、招宴の唄

時ぞとも無し兼備の華よ

心魂の在処

花の薫りは叶枝垂れ

お気楽珍道中

MOON PRIDE(ももいろクローバーZ)

繰返し歌った曲目あり。

ツイログ

焔(https://twitter.com/LinYuushi/status/817271997478551553?s=09

夢幻乱舞抄。1(https://twitter.com/LinYuushi/status/817273027121455108?s=09

夢幻乱舞抄。2(https://twitter.com/LinYuushi/status/817275016626651138?s=09

くるろぐ。if よひら

朽ちた神社に転がる狐面。

黒い着物を纏うように紫陽花が枝を伸ばしていた。

その茂みの中、微かに動くものがある。

元々人だったそれは、幸せそうに微笑んで、完全に動かなくなった。

彼は今もそこで生きている。

くるろぐ。if 久留山湊

くるろぐ。仕事屋の話がね、それぞれの走馬燈的なんやったらって考えてた。

緑に呑まれ、人に捨てられた町。電気も通らなくなった暗い部屋で、薄汚れたぬいぐるみを抱いて家族の記憶をなぞる青年。優しい声で弟と妹の名前を呼ぶ。その存在すら幻想。